農業体験

きのこ栽培体験

坂折棚田で自分のきのこを育てませんか
私たちの住む中野方町では、昔から山のきのこを食用とし、里山と共に生活をしてきました。
中野方の里山の落葉樹を活用した、きのこ栽培体験をしてみませんか。秋には美味しいきのこを食べるイベントも開催予定。
興味ある方はぜひご参加ください。
2019年きのこ体験募集要項(PDF版 クリックでダウンロードできます)

募集チラシ(2019年きのこ体験)0219のサムネイル

 

 
埴菌体験は、まず工具を使って原木に穴をつくります 穴にきのこの菌を植え付けていきます 原木を里山の適した場所に並べます
秋には原木のあちこちに、きのこの姿が。 収穫体験。ひらたけはバター炒めが美味しいです お味噌汁といえば、やっぱり なめこ!
しいたけ探しは宝探しのような楽しさです あまり市販されていないくりたけは、出汁がよく出るおいしいキノコです 収獲されたクリタケとナメコ
 
実施時期 ※ 平成31年度(第6期)
植菌作業 3月17日 (日)
菌床設置作業 9月1日(日)
きのこを食べよう11月10日(日)
※きのこが生えていれば収穫体験ができます
実施時間 体験内容により異なります。
所要時間 およそ2時間
参加費用 【年間会費】 
一般  3,000円
高校生以下1,000円
※植菌作業のみ参加の場合 1,500円(原木1本お土産付き)
※11月10日の「きのこを食べよう」では収穫体験ができます。食事代は別途1,000円です。
会場 坂折棚田エリア
集合場所 坂折棚田なごみの家
集合場所住所 〒509-8231 恵那市中野方町782-1
指導者・案内役 鈴村博義
募集人数 10名
持参用具 農作業ができる服装、長グツ、軍手、タオル、帽子、雨具
体験内容 【3月17日 植菌作業 スケジュール】
9:30「なごみの家」集合、キノコ栽培のお話
10:00 植菌作業 ※シイタケ、ヒラタケ、ナメタケ(ナメコ)を予定
※きのこの種類は変更になる場合があります
12:00頃 終了
申し込み締め切り 3月13日(水)までに郵送・FAX・メールにてお申込みください。(最少催行人数5名に満たない場合はイベントを行えない場合がございます)
備考 小雨決行で大雨は順延
 

お申し込み

お名前* ※例:山田 太郎
フリガナ* ※例:ヤマダ タロウ
郵便番号*
※例:123-4567
都道府県*
市区町村*
番地・屋号等*
電話番号*
※例:012-345-6789
FAX番号
※例:012-345-6789
メールアドレス*
メッセージ

 

PAGE TOP